Information

Web拍手


メールフォーム
Powered by SHINOBI.JP

過去の記事

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

ジャンル

ブログ内検索

今年はやわらかくなりたいです
メイジキメラのつばさ
[20140925]
前々から欲しいと思っていた参考書があり、
ちょっとお値段が高かったので躊躇していたのですが
allaboutのアンケートでAmazonの¥1000ギフト券が当たったので
思い切って注文しました。



この本、最初の「使い方」部分以外は
日本語ではなく韓国語で書かれています。
1ページに簡単なイラスト(いわゆる棒人間)と
そのシチュエーションを説明する短文が
4種類載っていて
内容を推理しながら先に進みます。

もっとも、推理しても日本語の答えがないので
推理が合っているかどうかは分からないのですが。


こんな感じです。
(クリックすると大きい画像が開きます)
DCIM0256_20140925134358dba.jpg

左の絵は「이 사람은 남자입니다.」
右の絵は「이 사람은 여자입니다.」
と書いてあります。

発音とかは置いておいて、
この2つの文と絵で
同じところとちがうところを見てみると

남자が男性、여자が女性ということが分かります。

これを踏まえて、今度は
上の絵(さっきの左の絵です)と
下の絵を見てみます。

DCIM0257_2014092513435909c.jpg

上の絵は「이 사람은 남자입니다.」
下の絵は「저 사람은 남자입니다.」

この2つの文と絵で
同じところとちがうところを見てみると
上の絵の男性は近くにいて
下の絵の男性は遠くにいるので
「이」が「この」、「저」が「あの」という意味ではないかと推測されます。

こんな感じで、間違い探しのように読み進めていきます。
CDも付いているので、さっきの文の発音も
聞くことができます。

一応、序文には

新たに韓国語を学習する皆さんも、”やり直し韓国語”に取り組む皆さんも、
楽しく学習できる一冊になっています。



と書いてありますが、ハングルを全然読めない状態で
この本に触れたらどのような感想を持つのか
ちょっと興味があります。
パズルみたいでおもしろいと思うか、
意味の分からない記号ばかりでつまらないと思うかは
人それぞれ違うかも。

この本、韓国語だけでなく、
他の主要な外国語版も出版されているので
他言語を学習されている方におすすめしたいです。
[20140723]
こちらの記事で書いた
海の日企画の期間が終わりました。
メイジキメラのつばさ - 【韓国語勉強】 #uminohi2014 に参加しています。
参加された皆さん、お疲れ様でした。



私の活動状況はと言いますと
期間中にテキスト7章中6章まで終わって
7章のさわりに手を付けたあたりまで進んだ、という結果に終わりました。
用意したテキスト書き写しノート5冊はこの時点で4冊目の終わりくらい。
多分5冊目の中頃あたりで終わるかと思われます。
ノート間に合いそう、よかった。

ちょっといろいろとバタバタしていたり
計画の見積が甘かったり
仕事が忙しかったことでくたびれちゃったり
些細なことで韓国語学習モチベが下がっちゃったり
夏バテでぐったりしていたりして
予定していたよりは進めることができなかったんだけど
企画に参加させてもらっていなければきっと
もっと早くに諦めてしまっただろうと思います。

テキストは終わらなかったけれど
学習内容は求めていたものにとても近かった気がします。
文法的な話になるのですが
間接引用の表現とハンダ体をここまで徹底して勉強したのは初めてでした。
今回身につけたこれらの知識は
今後の読書に絶対に役立つはず。
小説にはこの表現方法がたくさんたくさん出てくるのです。

タイムラインに流れる参加者さんたちの活動報告を見て
もっとがんばろう、と思いながら過ぎた3ヶ月間でした。
参加された皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございます。

海の日は終わっちゃったけど
テキスト終わるまでは自主勉強を続行しようと思います。

ネットやテレビで触れる韓国についての情報には
正直げんなりしたり怒ったりがっかりしたりすることも多いけれど
私は「韓国語の勉強」は好きなんだ、と再確認しました。
[20140413]
モチベアップのために
ちょっと高級なノートを購入しました。
5冊で600円とか清水の舞台から飛び降りる気分。
近所の文房具屋さんだと750円ともっと高級だったのです。
購入後にイオンでもっと安いのを見かけたのですが(500円弱)
欲しかったときは600円だったのでこれはこれで。

キティざます

表紙のデザインは5種類。
今回買ったのはA罫なんだけど、B罫だとまた違うデザインのようです。

このノートで今日から始めたのは
↓のテキストの例文書き写しです。

この本、従姉も共著したんですよ。


こんな感じ。
右上に

右上(左上)の日付を書く欄にもキティちゃんがいます。
ちょっと色が薄くて見づらいですね。

早速近所のドトールに行って
1時間半ちょい書き写しやってきました。

紙が思ったより厚くてしっかりしてるので
ペンや万年筆がほとんど裏うつりしないのが嬉しい。
厚いテキストなので、終わるまでには万年筆やペンのインクガンガン使いそう。
そうでなくてもHi-TecCコレトのインクは減るのが早い(気がします)。
次回までに補充分買っておかなければ。

久しぶりにハングルに触れたけど、書くのやっぱり楽しい。
お店の迷惑にならないように小声でぼそぼそと読みながら書いてたら
少しずつ発音とか思い出してきました。

のんびりでも少しずつ続けたいな。
いろんな外的要因、内的要因で私の韓国語モチベが下がっても(本当に簡単にダダ下がりする)
ノートの可愛らしさとお気に入りの文房具がきっと助けてくれる。
書き写すという行為自体もモチベーションになってくれる。
[20140125]
毎年参加させてもらっている
Marieさんの春分企画、今年も参加中です。
今年もやります。春分の日企画。 #shunbun2014 | Mandarin Note
#shunbun2014 ...
春分の日までにテキスト1冊完成させよう企画!


今回の私のテキストはルーンの子供たち第2部デモニックの1巻…の韓国語版。




この本の音読とCNG読書、何度挫折してるんだろう。
大好きな本なのに、いつの間にか読むの断念しちゃうのがいつも悔しい。
今回は企画の力を借りて何とか読み進めたいのです。
そして今回1冊読めたらその勢いであと7冊も続けたい。




ちょっとお休みしながらだけど少しずつ読み進んでいます。
私にとって韓国語を続けるのに一番大切なのはモチベーションなので
今回は如何にそれを持続させるか、を考えて
いろいろ工夫してみました。

▼追記の開閉

[20140101]
私の語学勉強のお供です。
上から3DS、PSP、mp3プレイヤー。
PSPに刺さっているのは音声認識マイクロホンです。
これは、今日の記事でご紹介するTalkmanに同梱されているものです。
DCIM0149.jpg

先日、語学勉強のお供に
PSPソフトのTalkmanを買いました。
買ったのはノーマル版(米/韓/中/日)と
ヨーロッパ版(英/仏/独/伊/西/日)の2ver.です。

このゲームの用途は多分、外国旅行のときの通訳だと思うんです。
様々なシチュエーション(機内とかレストランとか)で
想定される会話の例が入っています。

今のところ海外旅行の予定はないので
もっぱらミニゲームを楽しんでいます。
このミニゲームが楽しかったのでご紹介など。

韓国語版を紹介しますが
他の言語でも同じテンプレで話は進みます。

まず、5*5のマスから好きなものを選びます。
右下に行くに従って難しくなっていくようです。
pic_0002_20140101201022fda.jpg

問題が出題されます。
1マスで5問です。
スピーカーからネイティブが黒板の語句を話すのが聞こえるので
□ボタンを押しながら同じように喋って
マイクロホンに認識してもらえばOK。
間違えたり評価が気に食わない時には再挑戦できます。
pic_0004.jpg

この例だと
チュガ ヨグミ トゥmニッカ?
って感じですね。

うーむ、これは…、とか、
今の発音は…、とか
鳥(マックスという名前です)が一言述べた後に
評価の画面に移ります。
マックスのセリフは☓ボタンで飛ばせます、という言葉が
取説に書いてあったのが何だかとてもシュール。
そしてこの表情がカワイイ。
pic_0006_20140101201017b90.jpg

こんな感じで5問進めていって
最後に総合成績が表示されます。
pic_0007_201401012010183d4.jpg

オールA以上でパネルの絵が開きます。
pic_0008.jpg

ちなみに、ローディング画面で
マックスがなかなか身も蓋もない事を言っていました。
pic_0000.jpg
…いいのか?




私は韓国語とドイツ語しか勉強していないんだけど
これ、多言語学習者さんにはお買い得なソフトかもしれません。
もっとも、ミニゲームの問題数は少ないので
これをお勉強目当てに買うのはあまりおすすめできないかも。
英語だけであれば、同じマイクロホンを使って
勉強に特化したソフトが出ていたような気がします。

韓国語ドイツ語も、もっと教材とか書籍とかいっぱい出してほしい今日このごろ。
[20131031]
CNG読書とはカンニング読書のことです。
これについてはMarieさんのこちらの記事が詳しいです。
CNG読書とは | Mandarin Note
CNG読書とは


NHK韓国語講座の初級分を、録音しているストック分も
全て聴き終わったのを機に
長らく中断していた韓国語読書を再開することに決めました。

1日たりとも忘れたことはないんだけど
私が韓国語を勉強する目的は
実はドラマとか旅行とかではなくて
小説「ルーンの子供たち第二部Demonic」を韓国語で読破すること。
先に韓国語版全8巻を揃えてから
日本語版がすでに発売されていることを知ったのもいい思い出。
もちろん日本語版もすぐに買って読破しました。

↓これは私のモチベ上げのための未来予定図です。
20100309234013_2013103112135894d.png

↓は日本語版です。
第二部というからには第一部もあります。
もちろん日本語で読んでも面白いです。
実はこの本、ネットゲーム「テイルズウィーバー」の原作本なんですが
もちろんテイルズ未プレイでも楽しめます。



今まで何度も始めては中断し
挫折のようなものを味わっていたので
今度こそ続けたい、と強く思い、ここひと月くらい
ずっと方法を考えていました。

挫折の原因はいろいろあります。
リストラとか再就職とかで生活のリズムが変わったとか
ぽやっとした体調不良とか
毎日決まった時間を確保できないとか
なんか気分が乗らないとか
日本語はスラスラ読めるのに韓国語はつっかえるとか
発音できるのに意味がわからないとか
まあそんな感じです。

ちなみに私の韓国語レベルはようやく初級を脱出した程度。
NHKの初級講座が多少ぬるい感じで、応用が背伸びっぽく感じるくらいです。
韓国語検定の模擬試験問題を解いた感じでは4級くらいのレベルのようです。

そこで辿り着いた私なりのCNG読書法はこちら。

1.日本語版を1章分音読し
 鍵になりそうな単語やフレーズを日本語でノートに書き出す。

1章分だと大体ノート数ページ分になります。

例えば、この部分であれば
赤い文字の部分を書き出します。

はじめてジョシュアに会った者は皆『仲良くなりたい』『守ってあげたい』と思う。しかしその思いは長続きしない。ジョシュアは生まれつき敵の作り方を知っている存在自体が人の嫌悪を引き起こすのように。
~1巻 P008より



2.韓国語版を1段落ずつ音読し
 さっき書きだした単語やフレーズの韓国語部分を探して書く。

日本語と韓国語は文法的に語順がほぼ変わらないので
翻訳が忠実な部分であれば
頭から読んでいけばどの単語がどの単語に対応するかは意外とすぐ分かります。
該当する語が見つからない時には仕方なく辞書を引きますが
あまり辞書の出番はないようです。

3.暇な時には日本語版をひたすら読む
日本語版をだいたい頭に入れておくことによって
韓国語版を読んだ時に
「もしかしてこれあのあたり?」とだいたい見当がついたり
場面が浮かんだりするので便利です。

4.読み過ぎない
続きが気になる!という気持ちを
次の日にも本に向かうモチベーションにするため
日本語版全5巻のうち最近熟読したのは1巻のみ。
一応以前全部読んだので話の内容は覚えていますが
それでも2巻以降に手を出すのは
1巻のあたりを韓国語で読み終わってから、と決めました。


単語を探して書く、というひと手間を入れることによって
宝探しっぽい感覚を勝手に味わっています。
書きためたノートのページが増えるに従って
私の中にも単語やフレーズが積もると信じて続けます。


この方法を始めて数日になりますが
本を開くのが毎日楽しいです。
読書の秋が到来したことや
こたつの出番が来たことも関係あるかも。
[20130528]
現在NHKラジオのまいにちハングル講座に
アシスタントとして出演している
従姉の徐銀河(ソ・ウナ)が
この度韓国語勉強に役立つ本を出版しました。




彼女とは数年会っていないのですが
彼女の出演しているラジオ講座を聴講したり
FBで時折話をしたりしています。

早速昨日近所の本屋で買ってきました。

思ったより厚くてずっしり
大きさは文庫版なのですが
450ページくらいあります。

まず真っ先に目についたのはイラストの可愛らしさ。
表紙もピンクを基調とした淡い色合いで
たぶん主人公という設定のポニーテールの女の子が
カメラに向かってピースサインをしていたり
クレープを食べたりカラオケを歌っていたりしています。

次に気がついたのは透明なビニールカバー。
行きつけの本屋さんでは会計時に申し出ると
紙カバーを3色から選んでかけてくれるのですが
ビニールのカバーが付いているから今回はこのまま。
これなら表紙のカワイイイラストもばっちり見えます。

中身の充実っぷりもスゴイです。
章立てになって様々なシチュエーションのフレーズが載っているのですが
各フレーズの横に、言い換え可能な単語や、そのフレーズにまつわるマメ知識、
関係する韓国の文化なども併せて載せられていました。

賞ごとにページが色分けされているので見やすいです。

フレーズは「日常会話」とあるように
普段使うようなイキイキしたものや
ドラマで見るようなものまでガッツリ網羅。
愚痴やトラブル対応のフレーズ、仮面夫婦(!)なんて章もあって
「どこで使うのかしら」とか思いながらも
例文の面白さにグイグイ読めてしまう感じです。

そう、例文スゴイ面白いんです。
どのページも面白いのですが
ここでは出来れば使う機会が来ないでほしい「別れ」の章からご紹介します。

好きな人ができたの
もう別れよう
会うのはやめよう
妻にばれたよ
きょう限りにしないか
別々の道を歩もう
私にかまわないで
しばらく距離を置きましょう
君を忘れないよ
幸せになってね
恨んでもかまわないよ



どんなシチュなんだろう…と思いながらも
インパクトの強さにするすると入っていく感じです。

また、フレーズ集以外の要素もスゴイのです。

・応援うちわやプラカードの例
・そのまま使える韓国の人へのファンレター文例
・韓国へ出す手紙の封筒の書き方
・PCのキーボードで韓国語入力する際のキーの配置
・韓国でよく使われる顔文字

などなど。

巻頭にはハングルの仕組みや文法解説、韓国語の反切表も掲載。
合成母音の説明がわかりやすかったです。
発音の手抜き(!)の方法も書いてありました。
「ウィ(難しい場合はイ)」という感じ。これは助かる!

まだ全部読み終わってはいないのですが
読み進めるのが本当に楽しいです。
[20130401]
ピグライフ、4/1はピグライスのようです。
腹がへっては戦はできぬ!
正直こんなちっこい茶碗だとおかわり超たくさんしてしまいそうです。
o0320024012483198969.png

4月になりました。
エイプリルフールネタは仕込むのをすっかり忘れたので今年はスルー。
来年は何かやりたいなあとちょっと思っています。

今日からNHKの語学講座が新しい講座になりました。
私が聴講を予定しているのは
まいにちハングル講座【ルールで楽しく!ル・ル・ルハングル】
まいにちドイツ語講座入門編【月の光ソナタ-ヒカリとあきら】

です。

どちらも初級講座ですし、テキストの値段も上がったので
今期は耳勉強に励むことにします。

あ、あともうひとつ。
【英語で読む村上春樹】
この講座も気になっていました。
取り上げる作品もメジャーなものとはちょっと変わった(と私は思います)作品で
そこら辺も楽しみなのです。
私は英語はあまり得意ではないので、まず聴いてみてからかなあ。




いつも放送時間にラジオの前にいるわけではないので
NHKサイトのストリーミング(1週遅れ)を聴くか
録音しておいたものを聴くかしています。

ラジオの前、と書きましたが、
実際にはPCで聴いたり
データをPSPやmp3プレイヤーに入れて
勉強机や出先で聴くことがほとんどです。

※実は、非公式ながらNHKからファイルをDLする手段もあります。
 ソフトを設定してしまえばあとは週に1度DLするだけなので超楽ちんです。
 しかし、NHKも対策を取っているので、今期からはすんなりとはいかないようです。
 (無料DLが流行るとCDが売れなくなるためでしょう)
 自己責任で検索されることをお勧めします。
 (今日現在でDLできるのは先週放送分で、来週以降DLできるかどうかは未定)
 正直に言うとNHKで公式に販売されているCDは
 放送内容を大幅に端折っていて、
 発音練習やフリートークなどはまるっとカットされていたりするので
 実際の放送を録音して聴いた方が密度の高い内容になると思います。

というわけで、DLではなく、
私がNHKの語学放送を【録音】しているソフトをご紹介します。

使っているソフトはRadikoolというソフトです。
インストールして自分の環境で設定を済ませれば
番組表を見て録音したい番組をクリックするだけで
定期録音をすることができます。
(PCの電源が入っていて、Radikoolが立ち上がっているときのみですが)
始まりと終わりの時間は自分のPCの時計と合わせて
やや余裕を持たせた方がよいかと思います。
録音形式も選べますし、録音したデータをiTunesに入れる設定もできるようです。

Windowsと同時に起動する設定にして
ラジオ放送の時間はPCの電源を切らないようにだけ注意しています。

放送の前後に余裕を見ているので、あとでmp3DirectCutというソフトで
前後の部分をカットして再度保存しようかと思います。

何を始めるにしても最初が肝心。
幸い、NHKの語学講座は同日中の再放送もありますし
韓国語なんて朝の放送をお昼過ぎに再放送して
 さらに日曜日にその週の分をまとめて再放送してくれます)
時々(いつやるかはよく分かりませんが長期休みのタイミングが多いですね)
ちょっと前の放送を流してくれたりもするので
録音忘れや失敗もあまり気にしなくてもいいかもしれません。



4/2 01:30追記。
Radikoolでは保存時のフォルダや名前を指定することができます。
デフォルトでは
ラジオ局名フォルダ¥年月日開始時間
という名前になっていますが
分かりやすい名前を自分で設定することにより
その後のファイル管理が格段に楽になります。

例)フォルダ名を講座名にして
ドイツ語講座であればdeu_年_月_日.mp3
韓国語講座であれば kan_年_月_日とすると.mp3とすると
該当の講座のフォルダに日付順に同じ講座のファイルが並びます。

講座が切り替わる時期には新しいフォルダを作って設定を微調整すればOK。
日付がファイル名になっているので
テキストを見ながらファイルを探すのも楽です。
mp3形式の講座録音データは使い勝手がとてもよいので
語学学習がますます捗るかと思います。
[20130326]
o0320024012447189447.png

冬のソナタを始めとする韓流ドラマはほぼノータッチの真波です。
上の写真はアメーバピグでぱちんこ冬ソナのキャンペーンをやっていたので
ミーハー心丸出しで撮影をしに行ってきました。

韓国語勉強の目的は韓国語の小説を読むこと。
今年こそはと言い続けて早数年になりますが
ほんとに今年こそは読み進めたいなあ。

ちなみに、韓国語版の件の小説は
CNG読書を駆使して
※CNG読書についてはこちら(るもんがさんのサイトに移動します)
全8巻のうち1巻の三分の一まで進んだくらい。
前後のつながりもかなり忘れているので読むとしたら最初からかな。

あ、冬ソナといえばヨン様。
昔聞いたことがあるのですが
ヨン様の韓国語って、韓国の人が聞いても発音が超きれいなのだそうです。
あまり気をつけてヨン様見たことなかったけど、
今度大王四神記見てみようかな。

そう言えば昔、ヨン様コラボの韓国語学習DSソフトが発売されたっけ。



来週からNHKの語学講座も新番組が始まるし
新番組は大好きな金景太さんと徐銀河さん(実の従姉です)も出るし
この春はちょっと韓国語がんばってみようかな。
[20130114]
昨年の11月半ば頃から思い立って
手元にあるNHKまいにちハングル講座の録音を全部聴いてみよう祭り
勝手に開催中なのです。

約3年分の音声データを暇があれば耳に入れる毎日を約2ヶ月送ってきて
少しずつ耳が韓国語に慣れてきた気がします
3年分と言っても、再放送もあったから3年分よりは少ないし
テキストを買ってない期間のものもあります。

正直市販の参考書ってなかなか高価なので
月々380円のテキストはとてもいいと思うし
毎日決まった時間にラジオで聴講できるのも嬉しいです。
ラジオがなくても公式サイトでストリーミング配信もしているので
1週間前までであれば何度も繰り返し聴くこともできます。

備忘録も兼ねて、今日までに聴いた講座のレビューなどを軽く書いてみることにしました。

▼追記の開閉

««Old | *BlogTop | New»»
copyright © 2005 真波 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
FBページ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

真波

Author:真波
真波と申します。
前はもっちとか黒胡椒とかレプレとか名乗ってました。
好きに呼んでやってください。