Information

Web拍手


メールフォーム
Powered by SHINOBI.JP

過去の記事

10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

ジャンル

ブログ内検索

今年はやわらかくなりたいです
メイジキメラのつばさ
[20050606]
周りの粗がやたら目に付く。
何をしていてもイライラする。
すべてのことが気に食わない。
最近そんな感じ。

でもこのままじゃいけないなと思うんだ。
普段こんなときはたれぱんだDVDを見て和むんだけど
今日は泣ける2ちゃんねるを読んでみた。

以下抜粋。
これ読んで改めてバターロールが好きになった。
ホテルの人、かっこいいなぁ。
抜粋なので薄い色で。

252 :もぐもぐ名無しさん :03/08/17 11:27

突然母親が聞いたこともないような病気で入院することになった。
病状は思ったより深刻であることは分かったが
アフォな漏れには良く理解できんかったが
医者が「なんでも好きなものをさせて、好きなものを食べさせなさい」ってセリフが
遠からず母親の命が尽きるのだということは理解できた。
病室に戻り、何が食べたいかと聞いたら「バターロール」と答えた
親孝行なんぞ今までしたことがない漏れは
上等のバターロールを手に入れることが、唯一の使命であるかのように街へ出た。
既に日が暮れ、コンビニは開いてたが、コンビニのパンではダメだ。
取り合えず地元の高級ホテルへ向かい、事情を話しパンを分けてもらえないか交渉した
しかし「当ホテルではそういったことはしておりませんので」とか
「パンの販売はしていません」とか断られ続けた。
ここではダメだと思った漏れは東京へ向かうことにした
東京のホテルで一番最初に思いついたのが帝国ホテル。
すでに深夜になっていたので、一旦自宅へ電話し帝国ホテルへ向かうことを告げた



253 :つづき :03/08/17 11:42

閑散とした深夜のホテルのロビーに入り
事情を話し始めた途端に
「○○様ですね。支配人よりお預かりものがございます」と
ホテル従業員は言い、漏れに紙袋を渡してくれた。
中には手紙とバターロールが3つ。
手紙にはこうあった「ご家族からお電話をいただき、当ホテルのパンを
ご用意いたしました。ご事情お察し致します。
私が直接お渡しできればよいのですが、念のため預けておきますので
お納め下さい。このパンは夕食用に焼いたもので
時間が経っておりますのでお代は結構です。できれば朝食用の
焼き立てを召し上がっていただきたかったのですが。
ご病気のお母様には冷たいものは体に障りますので
トースターなどで暖めでお召し上がりください。
お母様が1日も早くご回復されるようお祈り申し上げます」
漏れは何度もお礼を言い、支配人宛ての簡単なお礼のメモを渡しホテルを後にした。
トースターを持って病院へついた時はすでに日が昇っていた



254 :つづき :03/08/17 11:50

病室で言われた通りパンを温めると
ふんわりとパンの香ばしいかおりが漂ってきた。
母親は時間をかけてそれを食べて
「こういう時は、こんなシンプルなパンがとてもおいしくってね」と笑った
父親に後から聞くと、このことがあるまでは母親がパンが好きであることを
知らなかったようだ。ゴハン党の父親に合わせて朝食はいつもゴハン。
本当はパンを食べたいと思っていたのに、我慢して合わせていた母親。
これが良かったのか分からないが、母親は医者も驚くような回復を見せ
なんと退院できることになった。
その後の経過も良好で、パン好きの母親は今日もうまそうにパンを食べている。
□ ちくちく by 青志

心がちくちくする時ありますよね。
心の中で他人を責めて最終的にはそんな自分を責める。
心がゆっくり休んでよ!と言ってるのかも。
2chといえば、私はhttp://blog.livedoor.jp/insidears/archives/24151326.html
コレを読んで笑いました。良い話だ…。

2005-06-06(Mon) 20:47 | URL | #JalddpaA [ 編集 ]
□ MEGUMIに似てるよね。 by もっち

>青志さん
ありがとう、おかげ様で
いっぱい笑って元気になりました。
こういう話にもきちんと乗って
(付き合って、というより乗って)
イイ話になることが
VIPクオリティなのかもなーとか思ったのでした。

2005-06-06(Mon) 22:38 | URL | #vJ15/QMc [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://sakuramotch.blog11.fc2.com/tb.php/38-9150c090
| *BlogTop |
copyright © 2005 真波 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
FBページ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

真波

Author:真波
真波と申します。
前はもっちとか黒胡椒とかレプレとか名乗ってました。
好きに呼んでやってください。