Login

高杉さん家のおべんとう7巻を買いました。

先月末に最新刊が出たので買ってきました。



この漫画、絵がきれいなのはもちろんのこと、
出てくる料理の美味しそうさや
登場人物の不器用さや懸命さがとても好きで
レシピ本を時々読んではよだれを垂らしています。



今回の7巻を読んで、主人公のハルのセリフがとても沁みたのでご紹介。

好きだった人に半年前にふられ
その彼女は研究者として外国に行ってしまう。
研究者として自分より明らかにキャリアアップしている彼女と
立ち止まっている自分を比べる主人公。
やがて彼女が帰国、研究発表会に誘われたときに
気まずくないか?休まないの?と共通の知人に聞かれた時に答えたセリフです。

あたりまえは外しちゃだめなんだよ
どうしようもない時ほど
朝起きる 顔を洗う メシを食う 弁当を作る
せめて どうしようもできる
あたりまえだけは 死守するんだ



私はあたりまえをきちんとできているだろうか、と思ったのでした。
体調が悪かったり、体力が落ちていたりしているのを
やらなきゃいけないことや、やりたいことをできないことの
言い訳にしてはいないだろうか。

結局、ハルは発表会に無事に出て
彼女へ労いと祝辞の言葉をがんばってかけました。
そして、彼女から、外国で自分が評価されたのは
主人公のおかげだ、と言われ
(その後嬉しいだけでは終わらないのですがそれは置いておいて)
ほろ酔いで家に帰ったあと、その日のお弁当箱を洗います。

あたりまえをやり遂げて今日を終える
つまりは 明日を迎える準備を整える ということだ



明日からは私も少しずつでもがんばろう。
まずはあたりまえのことをあたりまえに。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://sakuramotch.blog11.fc2.com/tb.php/1850-241c8226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)