メイジキメラのつばさ

今年は読書の年にしました

Entries

従姉が本を出しました。

現在NHKラジオのまいにちハングル講座に
アシスタントとして出演している
従姉の徐銀河(ソ・ウナ)が
この度韓国語勉強に役立つ本を出版しました。




彼女とは数年会っていないのですが
彼女の出演しているラジオ講座を聴講したり
FBで時折話をしたりしています。

早速昨日近所の本屋で買ってきました。

思ったより厚くてずっしり
大きさは文庫版なのですが
450ページくらいあります。

まず真っ先に目についたのはイラストの可愛らしさ。
表紙もピンクを基調とした淡い色合いで
たぶん主人公という設定のポニーテールの女の子が
カメラに向かってピースサインをしていたり
クレープを食べたりカラオケを歌っていたりしています。

次に気がついたのは透明なビニールカバー。
行きつけの本屋さんでは会計時に申し出ると
紙カバーを3色から選んでかけてくれるのですが
ビニールのカバーが付いているから今回はこのまま。
これなら表紙のカワイイイラストもばっちり見えます。

中身の充実っぷりもスゴイです。
章立てになって様々なシチュエーションのフレーズが載っているのですが
各フレーズの横に、言い換え可能な単語や、そのフレーズにまつわるマメ知識、
関係する韓国の文化なども併せて載せられていました。

賞ごとにページが色分けされているので見やすいです。

フレーズは「日常会話」とあるように
普段使うようなイキイキしたものや
ドラマで見るようなものまでガッツリ網羅。
愚痴やトラブル対応のフレーズ、仮面夫婦(!)なんて章もあって
「どこで使うのかしら」とか思いながらも
例文の面白さにグイグイ読めてしまう感じです。

そう、例文スゴイ面白いんです。
どのページも面白いのですが
ここでは出来れば使う機会が来ないでほしい「別れ」の章からご紹介します。

好きな人ができたの
もう別れよう
会うのはやめよう
妻にばれたよ
きょう限りにしないか
別々の道を歩もう
私にかまわないで
しばらく距離を置きましょう
君を忘れないよ
幸せになってね
恨んでもかまわないよ



どんなシチュなんだろう…と思いながらも
インパクトの強さにするすると入っていく感じです。

また、フレーズ集以外の要素もスゴイのです。

・応援うちわやプラカードの例
・そのまま使える韓国の人へのファンレター文例
・韓国へ出す手紙の封筒の書き方
・PCのキーボードで韓国語入力する際のキーの配置
・韓国でよく使われる顔文字

などなど。

巻頭にはハングルの仕組みや文法解説、韓国語の反切表も掲載。
合成母音の説明がわかりやすかったです。
発音の手抜き(!)の方法も書いてありました。
「ウィ(難しい場合はイ)」という感じ。これは助かる!

まだ全部読み終わってはいないのですが
読み進めるのが本当に楽しいです。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

過去の記事

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

ブログ内検索

右サイドメニュー

FBページ

最新の記事

最近のコメント

プロフィール

真波

Author:真波
真波と申します。
前はもっちとか黒胡椒とかレプレとか名乗ってました。
好きに呼んでやってください。