Login

記録するということ。

私の携帯充電器を魔の手から守ってくれる
ガンキャくんとロビン。
後ろにあるのは手帳です。

ガンキャくん

魔の手って言っても私の部屋には危険なものは何一つなくて
多分いちばんの魔は私の怠け心。
ガンキャくんも分かっているのか、銃口は私に向けています。

約ひと月前から
TaskChute(タスクシュート)というツールで
行動記録をつけ始めました。

書くのも情けない話なので追記で。


期せずして専業主婦になって2ヵ月半。
その間仕事も見つからなくて、ずっと家にいて
色々考えたのです。

旦那は「ゆっくり探せばいいよ」って言ってくれたし
私もその言葉に甘えてそのつもりだった。

仕事をしていた頃は人間関係が嫌で嫌で
毎日辞めたい辞めたいと思いながら出勤していたけれど
いざ自由な時間を手に入れたら私は
何もしなくなった。





今やっていることなんて

 ごはんのしたくして
 メールチェックして
 コーヒー飲んで
 Twitterして
 洗濯して
 晴れたら運動公園に行ってドイツ語聴きながら歩いて
 ごはん食べて
 韓国語の音読をノルマのように15分やって
 小説読んで
 漫画読んで
 ゲームやって
 昼寝して
 ハロワ行って
 ブログライターの記事を書いて



こんな感じで書くのも情けないほどだ。
これじゃニートだ。
こんな情けない私を養うために
病弱な旦那はがんばって仕事をしているわけじゃない。

韓国語の小説を読みたいとか言っても
ドイツで住みたいとか言っても
結局私はそれに対する努力をしていない。
怠ってるどころの話じゃなくて何もしてない。

TaskChuteで毎日の行動を書き出してみて改めて愕然とした。
Excelの画面で整然と並んで繰り返される私のぐうたら振りはどうしようもない。
あまりにひどいのでモザイクかけました。
WS000000.jpg

散らかる部屋。
何もしないまま過ぎる時間。
時間があれば何でもできるなんて思っていたのが馬鹿だった。
計画を立てなければ、やることを決めなければ
私は何一つ進められない。


タスク管理もライフオーガナイズも
まずは私を立て直さないと始まらない。

TaskChuteはそれを私に教えてくれた。
毎日を記録することによって、私は私が何もしていないということをはっきり知った。

記録はこれからも続ける。
もう少しがんばれるように。
そしてこれが私の時間割になるんだ。




毎日を記録することから見えてくるものがあると知った。
TaskChute、ありがとう。
初心者向けの記事を書いて使い方を教えてくれたはまさん、ありがとう。

記録をすること自体は全然苦じゃない。
むしろ楽しい。
これはExcelをベースにしたTaskChuteの操作性によるものが大きいと思う。
慣れているソフトだから操作が感覚的にできるというのはとても楽。
毎日やるって決まっていることは毎日表示させることもできる。

TaskChuteの公式サイトはこちらです。
私はTaskChute1(無料版)を使っています。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://sakuramotch.blog11.fc2.com/tb.php/1783-7103e022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)