メイジキメラのつばさ

今年は読書の年にしました

Entries

ほったらかしアイスコーヒー作成手順。

以前、ほったらかしアイスコーヒーについての記事を書きました。

実はこのアイスコーヒー、我が家で消費するのは専ら旦那でして
(私は普段はホットの薄い薄いコーヒーを好んで飲んでいます)
作成担当も彼だったのですが
私、今年度よりアイスコーヒー担当に任命されたのです。
※どうやら面倒だったらしいです
来年の夏に作り方を忘れないように
メモしておこうと思うのです。

まず用意するのは

・コーヒーの粉
 水出し用じゃなくてOKです。
 我が家ではユニバースで買ったこちらを使っています。

・だしパック
 これは100均に売っています。
 大きめの物のほうが包むときに楽ですね。
 参考までに写真を。
 大きさ比較のために右側にツナ缶を置きました。

だしパック

・麦茶用ボトル
 セリアで買った1リットル用のボトルを使っています。
 コーヒーの素を入れたり出したりする都合上
 広口タイプのものが使いやすいかと思います。

作り方

コーヒーの粉をスプーンすりきり3杯
だしパックに入れて包みます。
濃さはお好みで。
3杯で1リットルボトルに入れて丸1日放置すると
イイ感じのごくごく感が楽しめる濃さになりました。
2杯だとやや薄いかな?

このくらいのスプーンで
コーヒースプーン

3杯パックに入れて半分に折って重なった部分で包みます。
麦茶ボトルの中で袋が破けると大惨事なので
包んだ袋をもう1回だしパックで包むことにしています。

40枚入りで105円なので意外と大盤振る舞いしています。
スプーン3杯分

包み終わっただしパックをボトルに優しく入れて
水を優しく注ぎます。
右がさっき水入れたばっかりのもので
左が丸1日放置したものです。
1日放置

1日たったらボトルからだしパックを取り出します。
まだ色出そうな感じもしますし
スプーン3倍も使って勿体無いのでずっと入れておきたい気分なのですが
あまり入れておくと変な味になってしまうので
ここは潔く。
というか、入れたままで注いで飲んでも別に構わないのですが
ボトルのコーヒーの量が減ると当然パックも下に下がって
取り出しにくいんですよね。

そして飲む
1リットルのボトルなので
夏の麦茶感覚で飲んでいると
すぐになくなってしまいます。
我が家では2本常備して冷蔵庫に冷やしてあります。

意外と湯水のようにコーヒーの粉が減っていくので
ご利用は計画的に。
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://sakuramotch.blog11.fc2.com/tb.php/1781-b816614b

Menu

過去の記事

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

ブログ内検索

FBページ

最新の記事

最近のコメント

プロフィール

真波

Author:真波
真波と申します。
前はもっちとか黒胡椒とかレプレとか名乗ってました。
好きに呼んでやってください。