メイジキメラのつばさ

今年は読書の年にしました

Entries

勉強方針に迷う春。

昨日ひょんなことでお友達が出来た。
韓国語の勉強を始めようとしている女の子2人。

本屋でお勧めの本を探しているところに
ちょこっと紹介してみたら話が弾んで
今度一緒に出かける約束までしてしまった。
人見知りな私としては結構珍しい。

私もまだ自分は初心者だと思っているんだけれど
文字が読めるってだけで、始める前の人から見ると
すごい先を歩いているように見えるらしい。

自分の中には「自分が求めるすらすら像」みたいなのがあるから
例え上達していても自分では満足できずに
いつまで立っても上を目指すことになる、というのを
どこかで読んだことがある。
自分では気づかなくてもほんの少しは前に進めていたらいいと思う。


「カタカナがないと全然読めないんですよー」ってその子が言っていたんだけど
韓国語ってローマ字といっしょで
決まりを覚えれば発音は出来るようになるんだよね。
「そのうちカタカナ邪魔!て思うようになるよ」と言ったら
何だかすごいうれしそうだったっけ。

「ふたりで違う本買って見せ合いっこしようよ」
そう話す姿が何だかいいなあって思った。
私も同じくらいの進度の人と一緒にお勉強したいなあ。



今まで勉強してきたのは
単語や例文を読み書きしたりCDを聴いたりする
インプットの部分だったんだけど
そろそろ、本来の目的である小説に取り掛かりたいなあ
そう思って小説を読み始めてみた。
小説を読むのは多分アウトプットだと思う。
自分の引き出しの中にある単語や文章を引っ張り出して謎解きをするのだから。

全然読めねえ…。
音読はつっかえるし、発音が分からない所が結構あるし
何より意味が分からない…。
日本語訳を開けば「ああここだな」って分かるけど
セリフがない地の文だとほぼアウト。
セリフ部分なら何とか韓国語でも読める…ときもある。

単語と例文、発音を頭に入れても
まだ、目指す階段をのぼるには材料が足りない。
今無理やりのぼろうとしているけど
何となく3段飛ばしみたいなイメージがある。
あとは何をすればいいんだろう、さっぱりわかんないや。

あー早くルーン読めるようになりたいなあ。
昨日日本語版読み返したらやっぱり面白かった。
  • [No Tag]

*Comment

 

また停電のようですがお元気で余裕がありましたら一言ご連絡ください
  • posted by れん 
  • URL 
  • 2011.04/08 08:57分 
  • [編集]

 

>れんさん
心配ありがとう。
昨日の夜、揺れてからすぐにぷつんと電気切れちゃったんだけど
今日のお昼過ぎの3時くらいかな、復旧しました。
元気です。ほんとうにありがと!
  • posted by 真波 
  • URL 
  • 2011.04/08 18:47分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://sakuramotch.blog11.fc2.com/tb.php/1545-94dec404

Menu

過去の記事

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

ブログ内検索

FBページ

最新の記事

最近のコメント

プロフィール

真波

Author:真波
真波と申します。
前はもっちとか黒胡椒とかレプレとか名乗ってました。
好きに呼んでやってください。