Login

りなちゃんとの出会い。

ある日、我が家のPCが壊れました。
電源ボタンを押してもうんともすんとも言わない。
ただ、電源入らないだけで中身は無事だと思うんだよね。
「これは修理か…?それとも買い替え…?
 どっちにしてもすげえ金かかるよなあ」
半ば諦めモードで、無事なもう1台のPCで情報収集。

同じ頃、私がやっているネトゲのギルドwikiに
CGIで動くBBSを設置しようと思い立ち、
中身は分からなくても、CGIの設定をして設置するだけならできるので
何とか設置。
その後、お借りしたCGIのソースを拝見してみたところ、
Perlという言語で書いてあり
「難しそうだけど面白そう。理解できればカスタマイズもできるかな?」と考える。
早速、登録しっぱなしにして読まないでいた、
プログラミング関係のメルマガを開くと
「Linuxで古いパソコンが甦る!」の文字が目に飛び込んできて
「これだ!」と思った、というわけです。

その後色々検索してみて分かったのはこんなこと。

・LinuxというのはオープンソースのOSで、
 DLからインストール、アップグレードも無償でできる
・ひと口にLinuxといってもさまざまな種類がある
・CDやフラッシュメモリから起動ができる
・CUIだけじゃなくてGUIもできるようになってきているので敷居がちょっと下がった
・調子が悪いPCにLinuxを入れてファイルを救済できる場合がある

その後、本屋でLinux関連の書籍を立ち読みしてみたり
Twitterでいろいろな方から情報をいただいたり
検索したりしてみて分かったことは

「電源入らないんじゃどうしようもない」

この1点。
CDからブートするにしても、BIOSいじらなきゃいけないし
大体電源入らないならどこから動力をもらうのだろう。

計画としては、
壊れたPCにLinux入れる
 →ネットワークで繋がっている無事なPCにファイル移動して救済
だったのだけれど、救済だけならHDDを取り出してUSB接続キットを使って
無事なPCに移動することもできるよね、と考え直す。
データ救済はできそうだけど、PC引き続き使用は無理ぽい。

という訳で、ほぼ無料でPC直しちゃおう計画はあえなく頓挫したのだけれど
Linux自体はとても面白そうなので引き続き勉強することにしました。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://sakuramotch.blog11.fc2.com/tb.php/1521-a6daf923
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)