Login

「天使なんかじゃない」集英社文庫版がすごいぞ。

先日本屋で見かけて以来ずっと探していた
集英社文庫版の「天使なんかじゃない」が
ようやく手元に揃いました(全6巻)。

この本すごいの!
表紙と裏表紙はイラストじゃなく写真なんだけど
生徒会室とかマーブルチョコとかスドーザウルスのぬいぐるみとか
作品に出てくるシーンにちなんだものばかり。
まるで翠と晃が本当にいるみたい。

ちなみにこんな感じね。
クリックで大きい画像が出ます。
tenshi.jpg

話もすごく大好き。
初めて読んだのは中学の頃なんだけど
今読んでも面白い。
当時はマミリン派で志乃ちゃんが苦手だったけど
今はそうでもなくて、どっちかというと
マキちゃんに対していろいろ思うところがあった。
いくら誕生日だからって、彼女もちの男と
ふたりで出かけてたらまずいでしょマキちゃん。

…気づいたらマキちゃんよりずっと年上になってた事実に愕然。

買ってから数回読み返したけれど
気づくと手にとってしまう、そんな本。
これは買ってよかった。
相変わらずマミリン好きだなあ。
不器用なところとか優しいところとかたまらない。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://sakuramotch.blog11.fc2.com/tb.php/1465-107f67c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)