Login

つながる感覚を切に求めて。

私がTwitter始めて86日になるらしいんだけど
何かこれ、かなり楽しい。

家人が興味なし、って言うか、むしろ忌み嫌ってるレベルなので
私が思う良さ的なものをたらたらと書いてみようかと思う。

・気軽に呟ける
ブログだと、ブラウザ立ち上げて、編集画面開いて、タイトルつけて
1個の記事にして、って、何か大仰になるようなくだらないことでも
Twitterだと、のど飴食べてたらほっぺたがぼこぼこののど飴味になったとか
気軽に呟けるのがイイと思う。
しかも、気合入れて記事書いたときにリアクションがないと
ちょっと凹むけど(実は凹むんですよ)
呟きならただの独り言だから別に気にならない。
気にしてないところにあ、分かる分かる!カンロののど飴がおいしいよね!的な
同意があると、期待してない分だけうれしくなる。

・ファンと作り手の距離が縮まる
好きなネット小説家さんや、好きな漫画家さんをフォローさせてもらうと
その方々の日常の呟きが流れてくる。
それについて思うところを相手に向けて呟くと
運がよければ(←ここ大事)リアクションがもらえる。
私も先日、ゆで先生からのお返事をいただいてそれはそれは感動した。
これ、ラジオでリスナーの人がはがきを読んでもらったみたいなシチュに似てる。

・相手を見る目が変わる
今まで私は、政治家、とか、作家、とかいう職業の人は
自分とは違う世界に生きていて、日々とんでもなくスゴイ事を考えていると思い込んでいた。
でも実際はそうではないことも多い、ということも分かったのは大きな収穫かと思う。
岩手県知事がわかめのしゃぶしゃぶについて語ってたりするしね。

・同じものを好きな友達を探しやすい
私は今韓国語を勉強しているんだけど、他の学習者の人の様子も分かると
「ああ私もがんばろう」的な励みになる。
試せていないんだけど、例えば朝6時に起きて勉強しようと心がけたときに
おはようございます、これからラジオ聴きます。#6jiと呟くと
朝6時に起きて呟いた人(の中で#6jiと書いた人)グループみたいなところに表示されて
所謂早起き仲間ができるらしい。

・つながるゆるい感覚
正直、家でひとりで勉強したりゲームしたりしてても、全然面白くない。
旦那は興味ある事柄以外は興味ない人だし(私もそうだけど)
例えば面白い動画やイラストを見つけたときに「これ見て!」って呼んでも
あからさまに嫌そうに来て、興味無さ気に見て「ふーん」と機嫌悪く帰る。
それが悪いと責めるつもりはないんだけど、やはりそれはとても淋しいことで
そんなことが続くと、呼ぶことも同意を求めることもしづらくなって
「あーこれ興味ないんだろうな」と、誰かに話したい欲だけが悲しく積もっていく。
運悪く、アリプロもサンホラも肉も彼岸島も嫌いなんだよねあの人。

私は友達がほしい。
似たようなものが好きで、
同じものを見たときにそれについて話ができる友達がほしい。
そこまでコアな友達じゃなくても、誰かに自分の思ったことを気兼ねなく話したいし
誰かの話を聞きたい。

そんなときに、リアクションがなくても「こんなのあったよ」と言える場って貴重かもしれないと思う。

旦那には「あまりはまりすぎて中毒にならないようにしろよ?」と忠告された。
もちろんそれはそのつもりで、四六時中呟いたり、呟きをチェックしたりする人になる気はない。
私のペースでほどほどに、好きなときに好きなものをみる感じで行こうかなって思っている。

あ、でもね。
いきなり知らない人にフォローされるとちょっとびびる。
プロフ見て市内に住む人ってパターンがほとんどなんだけど
私の呟きはそんなに盛岡に特化してないのが申し訳なくて
プロフから出身地を削除しました。
未だに迷うんだけど、「フォローしてくれてありがとうございます」とか
「フォローさせてくれてありがとうございます」的な断りは必要なのかしら。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://sakuramotch.blog11.fc2.com/tb.php/1413-6f154216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)