スポンサーサイト  -  --.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 / コメント(-)/ トラックバック(-) / PAGE TOP△
  ナポリカツにおける国際共同を考える。  -  2009.04.13.Mon / 10:14 
花巻のマルカンデパートの食堂に時々行く。
一番好きなメニューはソフトクリームなんだけど
時々、ナポリカツというメニューが無性に食べたくなる。
そのたびに花巻に行くのは骨なので
家でナポリコロッケなど作って満足している。

ナポリタンとトンカツが同じプレートに乗ったものなんだけど
何だろう、和洋折衷?パスタとトンカツがイイ感じ。
すばらしい。プレートの上でイタリアと日本が仲良しだ。

お皿の上で国際共同が成り立つのなら
人と人とだってもっと仲良くできるんじゃないか。
そう思わせてくれる魅力がナポリカツにはある。

っていう話を旦那にしたら
「でも日本とイタリアって、ある意味昔から仲良しだよな」
という答えが。
確かに。
具体的に言うと1940年頃から仲良しだよね。
ナポリカツにドイツのソーセージも乗せると
もっと仲良しかもしれないとか思った。
Comment Form

  非公開コメント
 Track back URL of this entry 
 entryTrack back to this entry 

 過去の記事 

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

 ブログ内検索 


CopyRight 2006 メイジキメラのつばさ All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。