Information

Web拍手


メールフォーム
Powered by SHINOBI.JP

過去の記事

06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

ジャンル

ブログ内検索

今年はやわらかくなりたいです
メイジキメラのつばさ
[20050810]
海辺のカフカ、読み終わりました。
読み終わって最初に口からこぼれた言葉が
「よくわからない話だった」

だってわかんないこといっぱいあったんだもん!

わたしの理解力が足りないのかそれとも
意図的にそうしてあるのかは分からないけれど
解決していないことがいくつかあるような気がして
ちょっと消化不良気味。
今までの作品ではそんな風に感じたことはなかっただけに
何だか悔しいと言うか釈然としないと言うか。

読んでない人には意味不明の話になるので隠そう。
ついでに昨日の長文も隠そう。

・ミステリアスなナカタさんについて
ナカタさんが失われるきっかけになった過去のことについて
結局「はっきりした原因」が分からずじまいだった。
先生が殴ったせい?UFOみたいな物体のせい?
他の生徒は平気だったのにナカタさんだけこうなったのはどうして?
ストーリー上ナカタさんは重要な役割を担い
失われたからこそのキャラクターでホシノくんの心を掴み
結果的にホシノくんを変えてしまうわけだけれど
いきなり啓示のように物事がぱっと分かることや
知らないはずのことを知ってしまうことが
なんだか「作者の都合による便利な人」になったように見えた。
ふと思ったのは、ここまでずばっと障害のある人のキャラを描いて
保護団体みたいなものからクレームついたりしないのかと。

・カラスと呼ばれる少年の正体について
結局少年は誰だったのか分からない。
佐伯さんの昔の恋人だったのか、それとも
カフカくんの別の人格だったのか。
カフカくんが「カフカはチェコ語でカラス」と言っていることから
後者のような気がするんだけど。

・カフカくんが恋に落ちる過程が唐突過ぎて説得力がない。
一目惚れってそんなものなのかもしれないけどさ。

・さくらについて
旅先で偶然出会ったさくらという少女が
物語にここまで絡むことは予想外だった。
と言うか、母と姉を探す旅に出た主人公が(他にも目的はあるが)
偶然同じバスで姉と乗り合わせるということがそもそも
作者の都合チックで何だかなぁと思う。
ここで作者が母や姉を実際の家族としてではなく
象徴として表しているのであれば話は別になるんだけど
(結局「あなたにはわかっているんでしょう?」で話は切られたし)
カフカくんに分かっていてもわたしにはわからない。・゚・(ノД`)・゚・

・寿司屋の猫だからトロで寿司屋の犬だからテッカという
ネーミングはまことに気に入った。


正直言って、分からずじまいだったことが上記のように
けっこうあったから、消化不良っぽい気分になったことは
否定できない。残念なんだけど。
読み終わった時に「読んだー。おもしろかったー」で
終われなかったのが悔しいんだけど
またもう少し時が経ってから読めばきっと
わたしの感じ方も変わるかもしれない。

色々書いたけど(主に否定的に)
わたしは村上作品が今も好きです。
□  by はるか

わたしも同感でした。スプートニクとか好きなんですが、これは訳がわからなかった。ドイツ語で読んだんで、もしかしたら私のドイツ語のせいでカオスな話なのかなぁ、日本語ならわかるのかなと思いましたがほぼ同じ疑問を持たれてなようなので、なんというかすこし安心しました。笑

2013-11-27(Wed) 23:45 | URL | #- [ 編集 ]
□ No title by 真波

>はるかさん
スプートニク、私も好きです。
主人公がすみれを想う淡々とした表現や
すみれの書く文章(コーヒーを「悪魔の汗」と例える感性!)が
今でも心に残っています。

海辺のカフカ、日本語で読んだ私にもカオスでしたよ。
ご心配なく!

村上春樹作品、好きなんですけど、ある時期から
作風が変わったような気がするんですよねー。

2013-12-01(Sun) 11:45 | URL | #vJ15/QMc [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://sakuramotch.blog11.fc2.com/tb.php/129-c1a8564e
| *BlogTop |
copyright © 2005 真波 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
FBページ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

真波

Author:真波
真波と申します。
前はもっちとか黒胡椒とかレプレとか名乗ってました。
好きに呼んでやってください。