Information

Web拍手


メールフォーム
Powered by SHINOBI.JP

過去の記事

06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

ジャンル

ブログ内検索

今年はやわらかくなりたいです
メイジキメラのつばさ
[20121129]


韓国語勉強ほんのり強化週間

しばらくのんびり進行(というか不定期お休み中)の韓国語勉強
これではやばい、とちょっと思ったので
ほんのり強化週間を勝手にひとりで開催しました。
週間と書きましたが終わってみたら約2週間くらい。

テキストは以前録音しておいた
NHKまいにちハングル講座(入門編)
まるごと覚えていきいきハングル
講座です。
1回15分*週3回*24週 という構成になっています。

まとめて勉強ということなので、1週分(=45分)を1まとまりで
できるだけ集中して聴くことに力を入れました。




時間割作戦はあえなく挫折

幸い(じゃないけど)私今無職なので
求職活動をする時間以外は割と自由に使えるのです。
で、思ったのが
「小学校のときの授業って1時間=45分だったよね。
 時間割作れば1日に45分*6回できるんじゃない?」


結果としてこれはグラニュー糖より甘い考えで
机に向かった11日間の記録を見ても
1日に机に向かった最長時間は3時間(=45分*4回)でした。
計画って考えてるときは楽しいしうまくいく気がするんだけど
現実的でないと実行できないんだなあとしみじみ感じました。

もちろん1日にこれくらいの時間を捻出して勉強することは不可能ではないはずだし
実際そのようにがんばっている方も大勢いらっしゃると思いますが
私は、普段やってないことをいきなり超張り切ってやろうとすると
あまりうまくいかないようです。情けなや。




やる気継続アイテム

そんな中でもやる気を出して机に向かうことを継続するために
数々のアメを用意しました。

・勉強したことを記録(tsuduketer、勉強時間記録ノート、手帳など)
  がんばった軌跡を見ること
  続けている昨日を振り返ることが
  続ける力になりました。

・おいしい飲み物とおやつ
  コーヒー牛乳、コーン茶、ウーロン茶、コーラや
  グラハムビスケットなどで甘さとやる気と集中力を補充しつつ
  続けることができました。
  特にミルクたっぷりのあったかいコーヒー牛乳は絶品で
  この勉強期間で牛乳消費量が明らかに増えました。

・いい香りのお香
  以前ダイソーで買ったまま忘れていた
  グレープフルーツの香りのお香があったので
  お勉強の時間に使ってみました。
  リラックス効果についてはよく分かりませんが
  普段使わない香りとお勉強をつなげることができ
  「あ、この香り、お勉強」みたいな効果があった…気がします。




テキストの内容

前半に会話部分があって、AさんとBさんの設定は72回通してほぼ固定。
京都に住む日本人主婦:室井由梨絵さんと
韓国から日本に仕事に来ているキム・ギョンスさんの世間話から
様々な文法事項や韓国の文化、日本と韓国の違いなどを
日本人の長谷川先生が説明してくれる、という流れです。

先生のうんちくコーナー(本当に「今日のうんちく」というタイトル)は
毎回様々な話題に触れていて
あまり語学に関係ない事柄も分かってとても楽しいものでした。

そして講座後半から由梨絵さんが韓国旅行に旅立ち
 お持ち帰りののりまきを買ってみたり
 ホテルの室温調整を依頼してみたり
 ネット使いたいんですけどとお願いしてみたり
 市場で値下げ交渉をしてみたり
 期限切れたクーポンだと知ってても使おうとしてみたりする
何ともいえないストーリーになりました。
何だろうこの生々しさ…。

最後はキム・ギョンスさんが本社に帰ることになり
由梨絵さんもこれからもがんばって勉強します、という終わりに。
受講生への励ましの言葉がうれしかった。
目標を韓国語でいう表現も参考になりました。




長谷川先生

長谷川先生の発音きれいだった!

実は、テキストの内容がとても気に入っていて
応用編だけど聴こうと思っている講座があるのです。
音読を担当している俳優さんの声も大好きで、本当に聴きたい!
しかし、その講座の先生の発音がそれはそれは聞くに堪えない酷さで
(絶対あの先生頭の中でカタカナに直してから発音してるよ…)
何度も挫折しているありさまなので
入門編で日本人の先生で発音がきれいな先生が担当というのは
個人的にとても嬉しいポイントだったのです。




次は何をやろう?

そんなわけで終了した
韓国語勉強ほんのり強化週間
明日以降は何をやろうかな?

久々に長い時間韓国語に触れていたので
目や耳がちょっと慣れてきた気がします。
[20120515]
3/23から毎日1ページを15分ひたすら音読していた
吉本ばななの「キッチン」韓国語
「키친」を今日読了しました。

1日1ページ15分だから54日間続けたことになります。
読了しました、って言っても、続編「満月」と短編「ムーンライト・シャドウ」は未読。

正直勉強かったるいなーと思った日でも
毎日15分のハードルの低さと
続けていることを切る悔しさを思ったら
何とか続けることができました。

日本語版も使ったCNG読書で単語量も少し増えたかな?
始めたばかりの時には「台所」という単語も分からなくて
どうしようと思ったのを思い出します。

最初はつっかえつっかえだけど
15分もあれば数回繰り返し同じ文章を読むので
最後の3分くらいはそれなりにすんなり読めるようになる、ということに気付きました。
繰り返しって大事なんだね。

大体台所で隙間時間に読むことが多いから、
これを冷蔵庫に貼って、終わったら日付を記入しました。
こういう「毎日続けてるよ」系のチェックに私はとても弱い。
やったことが積み重なる感も好き。
ラジオ体操カードに通じるものもあるかも。
F1000001_20120515154312.jpg

今年の頭から、韓国語関連で
毎日最低15分何か決まったことを続けるチャレンジを続けています。

1/1~2/3 Podcastケンチャナヨ韓国語聴講
2/4~3/22 絵本ピーターパンを合計100回になるまで聴く
3/23~5/15 키친音読

明日から何やろうかな。
何かを無事終わらせた達成感、久々だけどやっぱりキモチイイ。

実は音読は旦那には不評なので(うるさいらしい)
いないときにやるか、台所で読むかしていました。
外国語勉強という趣味も家族の理解あってのこと。
ドイツ語は好きらしいけど韓国語はそうでもないようです。
[20110217]
吉本ばななのキッチン、読み進めています。

セリアで見かけて超気になっていた付箋をゲットしました。
早速コピーしてノートに貼った韓国語版キッチンの分からない単語にぺたり。
この単語は【台所】という意味。
この小説で台所が分からないのはどうなのか。

ふせん1

のりが付箋の半分あたりまでついています。
意外と粘着力が強い。

この付箋、フィルムでできているから下が透けるのがすばらしい。
しかも鉛筆で上に字を書くことができるから
書き込みをしたくない本やテキストにマーカー代わりに貼ることもできてとても便利。
ただ、鉛筆で書いた文字を消すと、上手に消えないでフィルムが剥がれちゃうので
そこは書くときにちょっと注意しなきゃ。

ふせん2

右側に貼ってあるのが普通サイズ小の付箋。
「ここまで読んだよ!」の印に貼ってあるのだけど
比べてみると極細なのがよく分かります。

5色もあるけど使い分けは今のところ思いつかないなー。
とりあえず、日本語版と韓国語版を1文ずつ交互に読みながら
分からない単語にぺたんぺたん貼っていく感じ。
…分からない単語だらけだった。

名詞・動詞・形容詞…みたいな感じで色を分けるのも考えたんだけど
あまり面倒になると私絶対に飽きるという確信があったので
上から順番に使っていくことにしました。

思ったより消費が激しいので
ある程度貼ったら辞書引いて
分かるようになった単語部分は外すことにしよう。

外した付箋を再利用するか
それとも、付箋の上に単語と意味を書いてプチ単語帳にするかは考え中。

この付箋の使い方、私よりももっともっと詳しく解説している方がいらっしゃいました。
うさぎメモ@多言語に夢中|無敵の学習ツール:わが愛しの極細付箋紙

これ系の文房具って見ているだけで楽しい。
100均の文房具コーナーに行ってぼーっと見ているだけで
何だかお勉強する気分になります。気分だけね。
[20110204]
親とけんかして韓国語熱がしぼんでいたんだけど(いつもこう)
このまま何もできないのは悔しいのでがんばって再開。

ルーン読むのはまだ早いかなってことで
もう少し簡単そうな教材を模索していたところ
図書館にイイ本があるという情報をキャッチ。

吉本ばななさんのキッチン(韓国語版)を借りて
さっそく読み始めました。
2ページ読んで分かる単語が「冷蔵庫」だけだったので
これはヤバイ!と思い
読み進めるのを断念して日本語版をブックオフで買ってもらって
対比させながら読むことにしました。

日本語版を5回くらい通して読んだあとに韓国語版をぱらぱらめくってみたら
どこら辺を書いてあるのかが大体分かるように。
地の文だけだと厳しいんだけど、セリフがあれば大体判断できる。
この調子で楽しく読んで語彙も増やしていこう。

久々に読んだけど、やっぱりこの話好きだなー。
昔家庭教師していたときに、受け持ちの生徒さんに
プレゼントしたことを思い出しました。
彼女は今元気なのかしら。
[20110113]
まだ不惑には数年あるんだけど
今年の韓国語勉強の目標は「惑わない」に決めました。

韓国ドラマに興味があるわけでもないし
韓国語を流暢に話せるようになることが目標なわけではない
あくまでも目標は「韓国語書籍の読破」なので
他の人と勉強方法や至るプロセスが違っていても気にしない。

去年までの私は「これでいいのかなあ」と自分の勉強法を信じられずに
闇雲にいろんなことに手を出して中途半端にしていた感があります。
今年はまず信じた道を進むことから。
その結果遠回りだっていい、と開き直ることにしました。

というわけで、勉強方法の検証など。

・単語帳、例文帳を作って持ち歩く
これは今までの勉強で効果が高かったと思われるので
継続する予定。
例文入りのテキストは手元に3冊あるから、
今年は新しい本は極力買わずに、これを完璧に数回回してみよう。

・八木早希さんのPodcast
これはPSPに保存して台所で聴くことにしました。

・例文の音読、シャドウイング
効果があるのは分かっていても、これを集中してやると
とてつもなく疲労してくたんとなってしまうので
疲れない程度に小分けできないかどうかを模索中。
会社からの帰宅時に単語帳が見えるくらい日が長くなったら
mp3聴きながら帰宅を再開したいところ。

・メルマガ「朝の手紙」書き写し&音読
朝の手紙、うちの母には大ヒットだったんだけど
今の私にはまだ内容がむずかしいので
ノート1冊終わるのを契機に、書き写しはお休みすることにしました。
メルマガ購読は続けるので、いつか読める日も来るかも。

・ルーンの子供たち
書き写しは時間がかかるので(効果はあると思うけれど)
今年はCNG読書法でがんばって読み進めていくつもりです。
※【CNG読書法】外国語版書籍と日本語訳を交互に見ながら、
 できるだけ辞書を引かずに読み進めていく読書法

今年もがんばろう。
[20101216]
引き続き九九(韓国語)の練習中。

歌を口ずさんで覚えるのはちょっと恥ずかしいと遅ればせながら気づいたので
音程なしでぶつぶつと早口で呟く法にチェンジ。
暇なときや会社から銀行へのおつかい時、通勤時帰宅時などに
ぶつぶつ呟いています。

とりあえず2の段から4の段までは何とかゆっくり暗誦できるようになったんだけど
(*16のあたりからスピードがダウンする)
5の段以降は答えが3桁になるのでちょっと難しい。
韓国語の九九は○*19まであるらしいです
 読む際は、「に・いち・に」「に・じゅうく・さんじゅうはち」みたいに読み
 3桁になったときには「ろく・じゅうはち・いちまるはち」と数字を連続で読むようです

ちょっと問題あって
頭に日本語の九九がすでに入ってるから
たとえば2*2だと、「ににんがしで…しは사だから…이・이・사」みたいに
ちょっとタイムロスが生じているのが痛い。
数字を意識しないでリズム良く
「이・일・이(イ・イr・イ)」「이・이・사(イ・イ・サ)」と
ぽんぽん進む感じにしたいんだけど、なかなか難しい。

あとは、まだ後半部暗記できていないから
何かを見ながら呟きたいんだけど
どうすればスタイリッシュになるか方法が思いつかない。
単語帳に九九を書いて持って歩くのは、この年齢だとアレかなあ?
[20101213]
韓国語勉強の話。
ついに小説に手を出し、韓国語版と日本語版をつっかえつっかえ読んでいる様を
旦那が見てぼそっと一言。
「英語覚えたての奴が英字新聞読むみたいで辛くねえ?」

確かにまだしんどいものがある。
つまりこれはあれだ。
「お前にはまだ早い!」
そう言いたかったのだろう。

「絵本とか童話とか、かんたんな教材ねえの?」
うーん、ダイソーの4ヶ国語DVD(日英中韓)って手もあるかな、¥315だし。
1枚は持ってるよ、みにくいあひるの子。
でもあれ、朗読が変に気取ってて聞き取りづらいんだよねー。
あとは、ピーターパンのCDつき絵本もあるんだけど
私、ピーターパンの話、知らないんだよね。

という訳で、かんたんに手を出せて内容を知っている素材を吟味したところ
「九九」という結論にたどり着きました。
数字ってゆっくりなら分かるんだけど、とっさに出てこないから
鍛える意味でもこれはいいと思うし、そして、韓国では
九九は19*20まであるそうな。

こちらのサイト
日本語→フラッシュカードのコンテンツから
韓国語の九九のフラッシュのページも見つけました。
これでしばらく九九を口ずさんでみよう。

あとは、同じサイトの
韓国語韓国語のWeb絵本→韓国jr.naver→世界名作童話→2ページ目
にシンデレラがあったのでこれも見てみました。
シンデレラなら内容分かるし!
これくらいなら数回聞けば目で追いかけられる感じ。
ちょっと義姉が早口なんだけど、ここはがんばって聞き取ってみよう。

気持ちははやるけど、まず少しずつでも進んでいる実感が欲しいなあ。
[20101201]
今日から12月。
毎月頭にその月の分を印刷して使っていたシステム手帳
微修正してこんな感じになりました。

修正点
・マンスリーページに日付入れる用の小さい四角を作った
・フォントちょっと変えた
・メモページを削除してウィークリーページの横に同じ幅の空ページを作った
 勉強記録は日付ある方、日記的なものはその横の日付ない方に記入予定

使う人いないと思うので自分用のメモ。
印刷時には1ページに4枚印刷して、真ん中で切って折って使います。

勉強の進捗状況はこんな感じ
・瞬訳韓国語の単語帳作成が完了
 明日からこの単語帳を使って音読パッケージに励もう
・単語帳読んだよリストを作成
 とりあえず暇なときには単語帳読もう

そういえば、昨日から太王四神記のDVDを見始めたのでした。
私、韓国語勉強してるけど、実は韓国のドラマにあまり興味がなくて
今までほとんどドラマって見たことなかったのでした。

これ、まだ1話しか見てないけど面白いかも。
ヒロインの女の人きれいだわー。
手元にあるDVDは吹き替えじゃなくて字幕版なので
とりあえず1回目は日本語字幕を見ながらストーリーを楽しみつつ
2回目以降に視聴するときに韓国語字幕にして
読みに付いて行けるようにがんばってみよう。

お母さんやおばさんやお母さんのお友達が言うには
ヨン様の韓国語の発音や声はとにかくすばらしいらしい。
きっと勉強になるはず。
[20101125]
朝の手紙の書き写しは継続中。
時折くたびれてお休みしちゃって
前の日の朝の手紙になっちゃったりするけれど
その分2日続けて書き写し。

週に2回くらいお母さんの家に
ごはんを食べに行きがてら
発音を教えてもらっています。

どうやら私はㄴとㅇの発音が苦手みたい。
「発音悪くないわよ」とか言いながらも
ㄴとㅇの部分は良くもないらしく、何度も何度も繰り返し読まれます。
うーん難しい。

そういえばそのお母さんですが
週に一度、某町の公民館で韓国料理と韓国語の講師をやることになったそうです。
最初は「韓国語教室?私も行く!」と思ったんだけど
どうやら受講料を払わなければならない模様(当たり前)なので
受講料も払わずにごはんをご馳走になって今までどおり家で教わることにしました(最低)。


で、朝の手紙。
お母さん的に内容が深くて大ヒットしたようなんだけど
私には内容が難しくてちんぷんかんぷん。
これは、読みと単語を覚えると割り切ってがんばるべきだな。
内容が面白い小説でもお母さんの好みに合わないと
「嫌よ」とか言って教えてくれなそうだし。

そしてさらに問題が。
朝の手紙書き写しですっかりくたびれてしまって
そのほかの勉強が何だか手につかないという困った事態に。

希望としてはもっと音読に力を入れて
途中になっているテキストをさっさと理解したいので
今必死こいて単語帳に書き写し中。
単語帳に書き写して何度もめくって読むのが
しっくり来るようだ、となんとなく気がつきました。

で、その単語帳も、キリのいいところでやめると
続きに取り掛かるまで時間がかかることも分かったので(悪い癖です)
最初に表面の日本語だけがーーーーーっと書き写しておいて
後で裏の韓国語を書くことにしました。
表だけかいてあって裏が白い単語帳をいつまでもほっとくわけにもいかないし。
同じ理屈で、書き始めたら続けなきゃという気分をよりどころに
朝の手紙の書き写しも続いているようです。
これがルーズリーフだったらあっという間に投げそう。非常によろしくない。

というわけで今日は韓国語単語帳の表だけ書き写しにかかって
今4つ目の単語帳に取り掛かったところ。がんばろう。
[20101111]
一昨日から韓国語のメルマガの購読を始めました。
タイトルは「朝の手紙」
登録が韓国語だけで大変だったけど
翻訳サイトに丸投げして何とか無事に完了。

毎日、コドウォンさんという人から
本に書いてある名言や誰かの名言や人生訓などを抜粋した
イイことを書いたメールが届くようになりました。

とりあえずこれを毎日書き写して(意味は全然分からないけれど)
書き写しながらつっかえつっかえ音読をやってみよう
ということで、真新しいノートに一昨日から書き写しを始めました。
ノート1冊終わるまではこれを続ける予定。がんばろう。

いろんなお勉強サイトを巡っていると
朝の手紙の翻訳で毎日勉強している人も結構いるみたい。
いずれは意味が分かるようになれば楽しいだろうな。
分からない単語は辞書引いてみるのもいいかもしれない。

1回のメールの量はノートに半分くらい。
と、思っていたら、昨日のメールがやたら長くて
1ページ半もあった。
書き写してから内容が気になったので
翻訳サイトに丸投げしてみたら、コドウォンさんの名言じゃなくて
朝の手紙読者さんの感想の抜粋だった。

そして今日はメールが2通も届いた。
コドウォンさん張り切りすぎ、しかもメール超長いよ!
と思って、書き写す前に翻訳サイトに丸投げしてみたら

コドウォンさんのサイト作成の2011手帳の広告だった。
コドウォンさん、商魂逞しすぎ。


2日やってみて、意外と書き写す量が多いと思った。
30分弱取られるかな。
今の所まだ慣れていないから、他の勉強がおろそか、というか
ほったらかしになっているのは何とかしなければ。
せっかくのシステム手帳のページが白いのはもったいない。

そして、この、朝の手紙、「朝の」と書いてあるのに
夜の1時頃にはもう届く。
ちなみに韓国と日本の時差は1時間くらいだった気がする。
コドウォンさんの朝はとても早い。
««Old | *BlogTop | New»»
copyright © 2005 真波 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
FBページ

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

真波

Author:真波
真波と申します。
前はもっちとか黒胡椒とかレプレとか名乗ってました。
好きに呼んでやってください。